ほくろ除去をしよう【綺麗な肌を保てるようにしたい】

目立つ部分

女性

ほくろ除去は、施術を受ける病院によって費用や治療方法が異なる場合があります。無料カウンセリングを上手に利用していくつかの病院を比較検討して決めることも出来ます。その際に病院の評判などを参考にすることも出来ます。

病院での治療となります

カウンセリング

ほくろを除去したい場合は皮膚科や美容外科で医師に相談してみましょう。レーザーやメスなど自分にとって最適な除去方法を提案してくれます。良性であれば費用がすべて自己負担となるので、そのことを念頭に入れておいてください。

ほくろの無くし方

顔を触る人

皮膚科でも良いですが腕の良い医師のいる美容外科クリニックでほくろ除去した方が綺麗に取り除いてもらえるでしょう。治療法について調べておき、無料カウンセリングで治療法や保証内容について聞いてみてください。

レーザーで数分で終わる

鏡を見る人

日頃から対策して予防する

ほくろは生まれつきあったものから、知らない間にできている物まで、気がつくと増えたり大きくなったりします。目立たない場所にあるのならば、さほど気にならないですが目につく場所、特に顔にあると気になって仕方ありません。簡単にほくろを除去できるのであれば是非取りたいですよね。除去する方法は幾つかありますが、医療用のレーザーが人気です。メリットとしては、治療時間が数分から数十分で終わる手軽さと、皮膚を切開したと同時に止血できることです。傷跡も最小限で済み、小さなほくろだとピンク色の跡が残る程度になります。お化粧すればほとんど目立たないでしょう。また、痛みもそんなに強くありません。デメリットととしては、ほくろに根があり再発の可能性もあるという事です。レーザー以外には、切除して縫合する方法もあります。こちらは、主に大きなほくろに対して用いられます。施術した医師の腕にもよりますが、傷跡が残りやすいです。メリットはサンプルを取り病理検査にかけて、メラノーマや皮膚ガンの有無を調べられます。他にも、電気メスを使った方法、くり抜いて除去する方法などがあります。よく担当の先生と話し合って、自分に合ったやり方で行うと良いでしょう。除去後にはどの治療法で行った場合でも、ケアが大事になってきます。特に紫外線には注意が必要で、怠ってしまうと色素の沈着が進んでシミになってしまう事もあります。傷跡を綺麗に消せるように気をつける必要があります。縫合をした場合は、抜糸するまで洗顔やお化粧は避けなければなりません。正しいアフターケアを心がけて、綺麗な肌になるように自分自身でも気をつけましょう。そもそも、ほくろとは色素細胞母斑と言い、メラニンが多く集まった細胞です。3歳頃から増えてくると言われています。紫外線から皮膚を守るために細胞が働き皮膚の表面に出てきたものがほくろになります。それに対してシミは、本来新陳代謝により排出されるはずのメラニンの色素が沈着したものです。こちらも紫外線を浴びることによりできやすくなります。どちらも一番の原因である紫外線によってできやすくなりますが、他にも日頃のストレスや疲労などが積み重なるとできやすくなります。さらに外部からの刺激による、きつい下着や靴などで皮膚に摩擦がおきたり、体の同じ場所が圧迫され続けたりすると細胞が傷つきほくろやシミの原因に繋がります。これらは日頃から気をつける事で予防できます。せっかくほくろを除去しても、また再発してしまっては残念な結果になってしまいます。紫外線対策には、日焼け止めや帽子や日傘で徹底して日に当たらないように気をつけましょう。目からも紫外線が入ってしまい、肌を露出しているのと同様の日焼けをしてしまうとわれているので、サングラスも忘れずに着用すると良いです。加齢により肌のターンオーバーが追いつかなくなるのも原因のひとつです。適度な運動により、血行を促して新陳代謝を良くしましょう。他にも規則正しい生活習慣に、ビタミンやミネラルを豊富に含んだ、野菜や果物を多く摂取しましょう。夜更かしも肌に良くなく、充分な睡眠を心がけましょう。ほくろを除去した後にこれらの事を心がけて、綺麗な肌を保てるようにしたいですね。