目立つ部分|ほくろ除去をしよう【綺麗な肌を保てるようにしたい】

ほくろ除去をしよう【綺麗な肌を保てるようにしたい】

  1. ホーム
  2. 目立つ部分

目立つ部分

女性

受診する病院

顔や首に出来たほくろは気になる場合があります。ほくろの大きさや種類、数によっても異なりますが、目立つ場合は、ほくろ除去を検討するとよいです。ほくろは一般的には、後天性色素性母斑です。これは、生まれた時には存在せず出生後に発生するほくろです。色素細胞に似た母斑細胞が皮膚で集まり増殖した状態のものです。ほくろ除去は多少なりの傷跡が残ります。その為治療を受ける病院選びはとても重要です。ほくろ除去の中には保険適用になる場合があります。発生する費用が大幅に変わりますのでまずは確認してみることです。ただし、保険適用のほくろ除去の方法は限りがありますので、よく検討してみるとよいです。ほくろの種類によっては、精密検査が必要な場合もあります。悪性が疑われる場合です。この場合でも早期発見して治療を行うことで予後がよくなりますので、まずは受診です。ほくろにより何らかの機能障害がある場合は保険適用になります。例えば、ひげを剃る際に引っかかり出血してしまうなどです。美容目的の場合は保険適用になりません。自己負担になりますが、美容整形程高額な費用は発生しませんのでよく検討して決めると安心です。価格設定はほくろ除去で使用する器具によって大きく変わります。まずはカウンセリングを受けて、どのような方法が適しているか担当医師から説明してもらいます。炭酸ガスレーザーを使用して除去するケースが多くほくろの大きさや数で費用が変わってきます。治療には局部麻酔を使用して除去しますので痛みを抑えることが出来ます。ほくろ除去を行える施設としては、皮膚科、美容皮膚科、美容整形外科となります。自由診療による治療の場合は、受診する病院によって費用が異なります。病院によっては料金表をホームページ上に掲載している場合もありますが、ほくろの大きさや数などで費用が異なる為、受診して確認した方が安心です。一回の施術でほくろ除去出来る場合と数回受診して除去する場合があります。病院選びのポイントは、事前にある程度相場価格を把握しておくと高いか安いか判断しやすくなります。またほくろは一度除去しても再発する場合があります。その為腕のよい医師とそうでない医師という評価があります。口コミサイトを利用すると評判のよい医師がいる病院など様々な情報を入ります。ほくろ除去は傷跡が多少残る施術となりますので、評判を参考になるべく腕のよい医師を探すことはとても重要です。顔に出来た目立つ部分のほくろ除去はできるだけ美容面を重視した施術を行ってくれる美容整形外科や美容皮膚科を受診すると安心です。美容整形外科では、様々な方法で除去しますので、施術の選択肢も多くなります。傷跡を最小限にした施術を常に念頭においていますので、安心して任せることが出来ます。メールで相談することも出来ますし、メールでカウンセリングの予約も出来ます。無料カウンセリングの予約が出来る病院もありますので、いくつかの病院のカウンセリングを受けて費用面と治療の種類を比較検討して選ぶことも出来ます。大切なことは自分自身が納得のいく施術を受けることです。