病院での治療となります|ほくろ除去をしよう【綺麗な肌を保てるようにしたい】

ほくろ除去をしよう【綺麗な肌を保てるようにしたい】

  1. ホーム
  2. 病院での治療となります

病院での治療となります

カウンセリング

簡単に解決できます

病院で行われる一般的な方法はレーザー治療です。ほくろに直接レーザーを照射して軽いやけどを起こすことで簡単に取れます。照射した後は専用のステロイド剤を塗ってテープで保護します。小さい場合は麻酔が不要となり、濃ければ痛みが強くなる傾向があります。大きさや濃さにもよりますが、治療にかかる期間は傷跡が少なくなるのがメリットです。その分、完治にかかる期間が長いです。治療した後は紫外線に当たらないように対策が必要なので施術の季節には気を付けましょう。除去するのにかかる料金は大きさや濃さによって変わります。1つ2〜3ミリほどの大きさなら1万円が平均となり、1ミリ大きくなるごとに数千円加算されます。これに薬剤や診断料なども加算されます。いずれの除去方法も美容目的であるなら費用はすべて自己負担となります。近年登場した新しい治療法が炭酸ガスレーザーです。ほくろの組織を炭酸ガスで水蒸気にして蒸散させて除去します。電気を使うレーザーと比べて周辺組織に影響されにくく刺激が少ないです。こちらは平坦よりも盛り上がったほくろに向いています。出血が少なく治る期間も早いので、近年全国の病院で導入されつつある治療法です。他にも肌を傷つけずに治療できるQスイッチレーザーがあります。これは黒っぽい色素細胞だけに反応して壊してくれるレーザーです。傷跡が残りにくいので優しい治療法といえるでしょう。色素をとるだけでなので小さくて平坦なほくろに向いています。ただし、1回では完全に取れないので数回治療を行う必要があります。顔や腕などあらゆる部分に出来るほくろに悩んでいる方は多いです。シミのようにファンデーションなどで隠すこともできません。場所によっては見た目にコンプレックスを持つ原因にもなります。気になる場合は我慢せずに治療を考えた方が良いでしょう。近年はこれまでのようにメスを入れず、レーザー照射などが一般的です。医療技術が飛躍的に進化したので、小さなものであれば病院で簡単にとることができます。除去するには皮膚科や美容外科など専門の病院で受ける必要があります。医師がいる専門機関でしか治療はできないので、エステサロンでは不可能です。黒や肌色で隆起したり毛が生えたりしているほくろが一般的です。他にもサットン母斑や青色母斑と呼ばれるものもあります。ただし、メラノーマと呼ばれる悪性腫瘍の場合は除去が必要となります。取るべきかどうかはまず医師の診断の元で進みます。日本ではまだ除去する習慣が一般的ではありませんが、近年ではそれが変化しつつあります。施術が進化した背景もありますが、欧米のように見た目に気を使ってとる人が増えています。どうしても気になるのであれば取ってもらうほうが良いでしょう。ほくろの除去は保険診療と自由診療に分かれます。悪性腫瘍だったり、生活する上で引っかかったりするなど何らかの支障が出る場合は保険が認定されます。そのことで不便を感じているなら医師に相談したほうが良いでしょう。一方、美容目的で除去する場合は自己負担となるのを念頭に入れてください。かかる費用は大きさが大きいほど高くなります。